FC2ブログ

プロフィール

レースくん

Author:レースくん
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性用の補正下着はピンク系や赤系の女性的な可愛い色使いとなっているのですが、男性用の場合は黒やグレーなど、男性的な色使いになっているのはなるほどとうなずいてしまいました。最近の男性用補正下着は通気性の良い生地が使われており、そのあたりの改善も進んでいるようです。補正下着の話をしていると、全てが女性を意識したお話になってしまいます。しかも、それが意外に売れているのです。女性にとって顔が美人かどうかと同じくらいプロポーションは大切ですから。筆者が気づいたことなのですが、補正下着にも多少はデザイン性があります。

筆者はそこまで想像しませんでしたが、男性用補正下着と聞いて真っ先にそれを想像する人が意外に多いと書かれていたのを見たことがありますので、付け加えました。話が脱線しましたね、それでは男性用の補正下着にはどんな機能があるのでしょうか。ところで、男性にとって異性から良く思われたい部分について、決して股間が大きく見えるようにするというものではありません、誤解の無いように念のため。ところが、最近では男性用の補正下着があります。本来ならこんな補正下着に頼ることなく、運動不足を解消して日々の飲みすぎ食べすぎをやめれば体型というのは自動的に美しくなるものなのですが、それもなかなかままならないという男性諸氏にかなり売れているそうです。

確かにブラジャーやショーツというのは女性用の下着です。また、女性の補正下着でも同じことが指摘されていましたが、男性の場合は通気性が悪いと大事な部分がむれてしまい悪影響があります。他にはヒップラインを上げて足が長く見えるような補正機能を持ったガードルなどです。男性用の補正下着とはどんなものでしょうか。まず一番売れ筋となっているのがポッコリと出てしまったお腹を平らに見せるガードルです。

男性の場合はそれがどうなのかと言うと、やはり気になる人は非常に多いそうです。確かに男性も年齢を重ねるごとに体型は見る見る変わります。これは男性のお腹にあった腹筋が衰えることによってこれまでは筋肉が締め付けていたものの締め付けが緩んでしまいお腹が出てしまうという原因や、最近よく話題になっている内蔵脂肪の増加による体積の増大、いわゆるメタボリックシンドロームも考えられます。補正下着というのは外見上の体型を美しくて異性から良く思われたいという願望から生まれたものであるのは言うまでもありません。女性の場合はバストが下がってしまうなどの悩みが多くなりますが、男性の場合はお腹が出てしまうという悩みが圧倒的です。


好きな女性があなたから離れない。あなただけを見つめている。そんな出会いをしてみたいですよね。
「今日もデートだぜ」ってあなたはつい言ってしまいますよ^^
気になる女性があなたの虜になります。それはまさに信じられない光景です。女にもてる男になるのです。
正直なところ、私は、ずーっとモテない、寂しい、暗い生活を送っていたのです。どんな優良出会い系サイトで180度変わった生活ができるようになたかきっとあなたは気になりますよね^^
なぜ自分だけモテないのか?そんな事を考えるのはもう終わりにしましょう。
いきなり信用してくださいと言われても困りますね、しかしここは信用してください。
本物の恋、愛を語れる日が近づいています。
歳を重ねるごとに無料出会い系サイトでのチャンスは減ってくることをご存知ですか?今も時間は過ぎていっているのです。
さぁ!決断のときです。
ちょっと想像してみてください。合コンであなただけが彼女たちを独り占めにしているところを。
まだ迷っていますか?そんな事はないと思いますが、真実はひとつなのです。


私の中でファッションアクセサリーといえば、女性が身につけるものというイメージが強いのですが、いまやファッションアクセサリーは女性だけのものではなく、ファッションアクセサリーメンズ物も女性物に負けず劣らず多数存在するようです。また、クロムハーツは広告宣伝を一切行わないブランドであったため、口コミのみで広がっていたというのも、コレクター心を揺さぶるエピソードです。デザインが素晴らしいのはもちろんのことですが、そういったオプション的な要素もクロムハーツの人気を支える要素なのかもしれません。手作り加工であるために、大変人気があるにもかかわらず市場に出回る数が少ないことからも入手困難なアクセサリーと言えるでしょう。

メンズファッションアクセサリーでぱっと思いつくのは、ハリウッドスターのブラッド・ピットや日本ではスマップの木村拓哉が身につけていることから一躍大ブームになったクロムハーツでした。もともとはバイク用の皮革製品のボタンやファスナーが中心のブランドでしたが、今ではボタン、ファスナーはもちろんのこと、リング、ペンダント、チャーム、ドッグタグ、ピアス、ブレスレッド、キーリング、ストラップ、ウォレットなどの多種多様な製品を手作り加工で出荷しています。雑誌やテレビに対してブランド側からなんらかの広告依頼があってから発信されることの多いファッションアクセサリー情報ですが、広告宣伝をしなかったことによって、その媚びない姿勢がデザインを引き立たせましたし、作り手の商品に対する相当な自信とこだわり感も表現できたように思います。「手に入りにくい」「世界にひとつだけの」といわれると、その商品への思い入れ以上に購買意欲を刺激されてしまいますね。

クロムハーツの歴史は意外と短く、1989年に設立されたシルバーファッションアクセサリーのブランドです。力強さの中にも繊細さが垣間見られるデザインが、男子だけでなく女性にも人気です。その価格は数万円から数十万円と決してリーズナブルとはいえません。

クロムハーツを取り扱うインターネットのファッション通販アクセサリーセレクトショップも多数存在しますが、一点ものの扱いが多くみられるように思います。表立ったブームは過ぎ去ったものの、いまだに根強い人気を保っています。そんな高級なファッションアクセサリーを意外に若い世代が身につけているのを見かけると、いったいそのお金はどこからでてきたのだ?とついついどうでもいいことを思ってしまいます。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。